葬儀の世話人について - 越谷の葬儀社・葬儀屋

葬儀の世話人とは?の写真

葬儀の世話人とは?

世話人とは、葬儀において喪主を助けたり、葬儀全般の世話をする人のことです。

お葬式では、決めなければならないこと、やらなければならないことが非常にたくさんあります。食事の席次も決めなければなりませんし、食事をするのであれば出席する人を楽しませなければなりませんし、通夜・葬儀や告別式での挨拶も考えなければなりません。葬儀に慣れている人はあまり多くありません。また、これらを決める時間も決して多くはなく、通夜は亡くなった翌日、葬儀・告別式はその翌日に行うのが一般的です。心痛の中、喪主が一人でこれらの決断をするのは非常に困難です。そこで登場するのが世話人の役割です。世話人の役割は、喪主が様々なことを決めていく中で、それをサポートしていくことです。葬儀全体に関わり、喪主の負担を軽減する役割です。

世話人がどこまで関与するかは、葬儀によって異なります。葬儀社と遺族(喪主)との連絡役となり、金銭面での交渉を行う場合もあります。また、管理人が中心となって会計係や設営係、受付係などに依頼することもあります。ただし、ここではわかりやすくするために、葬儀社の代表者という意味で「世話人」という言葉を使うことにします。大規模な葬儀の場合、喪主や遺族だけでは葬儀全体を処理することができないことが多いです。そのため、世話人を立てる場合があります。場合によっては、複数の人が葬儀の世話人に任命されることもあります。しかし、そのような場合でも、最終的な判断をするためには、代表者を選任するのがベストです。この世話人というのは、最近では社葬以外ではほとんど見たことがないという声もあります。これはあくまでも憶測に過ぎませんが、家族葬などの小規模な葬儀が増えてきたことは、遺族が一人ですべてを処理できるようになったことも関係しているのかもしれません。

また、葬儀社に葬儀の手配を依頼するのが一般的になってきたこともあり、遺族や周囲の人に負担をかけない葬儀を行いやすくなってきました。しかし、万が一依頼された場合に備えて、世話人の仕事を覚えておくことが大切です。

葬儀 越谷市