葬儀の世話人について - 越谷の葬儀社・葬儀屋

世話人の他の役割

世話人の他の役割の写真

会計や受付も重要な仕事の一つです。

不祝儀を受け取り、当日に香典が返ってきた場合には返してくれます。大規模な葬儀であれば、複数人が関わることもあり、名簿をパソコンなどに移して管理しやすいようにすることもあります。会計の場合は、親族の誰かがお金の取り扱いを担当することになります。昔は、急な出費の支払いやテントの準備、花や供物の手配などを会計係や受付係が担当していたと言われています。しかし、葬儀社を通して葬儀を行う場合は、これらの業務のほとんどを葬儀社が担当することになります。費用に関しては後払いなどもしてくれるので、基本的には受付での不祝儀の受付、香典返し(即日返しの場合)、名簿の管理などが主な仕事になるでしょう。ただし、色々と質問されることも多い職種なので、葬儀社や喪主(遺族)との連絡を密にしておくことが大切です。また、一般的には葬儀社が筆記用具を用意してくれますが、いくつか用意しておくと良いでしょう。葬儀には多くの人が参列します。そのため、その人たちにお通夜バーマイを振る舞うための料理を用意するのが厨房スタッフの役割です。喪主や遺族にはそんなことをしている時間はなく、昔はコンビニなどもありませんでした。しかし、現在ではこの調理師の役割はほとんどなくなりました。基本的には、葬儀社と提携している調理師や仕出し屋に通夜食や精進落としの準備を依頼するのが基本です。また、後片付けも葬儀社のスタッフが担当する場合がほとんどです。遺品の片付けは、遺族や親族が行う場合が多いです。葬儀社のスタッフが空いていれば、ロビーでコーヒーを出してくれる場合がほとんどです。ただし、簡単なお茶のサービスが必要な場合や、ちょっとした軽食が用意されている場合もあります。葬儀社を利用しない家族で、料理のほとんどを手伝う必要があるなど、特別な事情がない場合は、1人か2人で済む場合もあります。葬儀社を通して葬儀を行う場合は、基本的には葬儀社のスタッフが駐車場の誘導などを行ってくれます。また、最近の葬儀場は靴を履いたまま入場できるところが多いので、いわゆるフットマンは必要ありません。しかし、非常に大規模な葬儀を行う場合で、駐車場が不足するような自宅で葬儀を行う葬儀社を利用しない場合は、フットマンや交通警備員が必要になる可能性はゼロではありません。

葬儀 越谷市